- Blog記事一覧 -骨盤の歪み解消ストレッチ体操(骨盤)

骨盤の歪み解消ストレッチ体操(骨盤)

2019.02.18 | Category: 骨盤の歪み改善ストレッチ(骨盤)

背骨の土台となる骨盤の部分に歪みが生じると、背骨の歪み=スタイルの歪み=プロポーションの崩れにつながります。骨盤部分の歪みは、立っている時に支えている足の影響を受けます。足首、股関節は特にそうです。また悪い姿勢で作業や仕事や勉強をする習慣がついてしまいますと、背骨の方から骨盤を歪ませる原因になります。また偏った腕の使い方でも背骨を歪ませ、さらに骨盤や脚にも悪い影響を与えてしまいます。骨盤を整えるストレッチをご紹介させていただきたく思います。

※妊娠している方は行わないでください。出産直後も行わないでください。

1、腸骨(ウェストのクビレを作る骨)を整えるストレッチ

図1、腸骨体操1

図2、腸骨体操2

図3、腸骨体操3

まず図1上のように、うつ伏せの状態から足の甲を床につけたまま、足が自然に止まる所まで横(外側)に開きます。

そして図2のように、膝を曲げ足の裏を合わせます。(足裏を合わせられない場合は、できる足裏を合わせられる範囲で行ってください。足裏を合わせるために、その位置から足を余計に開いたり股関節を動かしたりすると、筋肉にギュッと力を集め緊張させた後に、脱力させるのが目的の体操なのに、ギュッと力が集まりにくくなり脱力もしづらくなってしまいます。できないならできないなりに足裏を合わせようと努力するだけで力は集めやすくなります)

最後に図3のように、足の裏を合わせた状態から、さらに膝を曲げ足の踵をできるだけお尻の方に近づけ、次につま先を天井に向けてたてます。このようにするとウェストのクビレの部分に力が集まってきます。しばらくその状態を維持し、苦しくなったら足裏を合わせたまま曲げている膝をゆっくりと伸ばし、合わせた足裏がが床についたら元の状態に戻ります。(この体操が必要な人ほど、膝が曲がらず、とても苦しくさまになりません。それ故にこの体操が必要になります。できないなりに毎日行うことが大切です。日々、行っていますと段々と踵がお尻に近づきやすくなります。)

ウェストのクビレの部分やお尻にグッと力は集めた後は、筋肉が脱力するしかなくなり骨盤周りの筋肉が弛みます。

 

2、仙骨(尾骨の上にあり、腰椎の下にある三角の骨)体操

図4、仙骨体操1

図5、仙骨体操2

まず、図4上のように、仰向けになり膝を曲げて(立てて)両足の踵をお尻に近づけます。次に図4下のように足裏を合わせます。

そして図5上のように、腰を持ち上げます。このとき息を吐きながら腰を持ち上げてください。腰を上げた状態で2・3呼吸キープします。そうしましたら図5下のように、腰を下ろしますが、降ろすときは息を吸いながら降ろしてください。

仙骨体操は、腸骨体操を行ってウェスト部分を弛めてから行う方が効果があります。骨盤周りに弾力があると、上から足にかかる重力を逃がしてくれるので、足への負担が少なくなり下半身が疲れにくくなります。

 

参考文献
井本邦昭 整体法・これが本当の骨盤の話 三樹書房
鶴田聡 仙骨理論Ⅰ・Ⅱ たにぐち書店

御徒町整体 かなではり整体指圧(御徒町駅・上野広小路・上野御徒町駅より徒歩4分)

 

 

 

 

 

 


アクセス情報

所在地

〒110-0005
東京都台東区上野3-18-13 パークリーガル上野201

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。