- Blog記事一覧 -効果的な入浴、足湯・脚湯

効果的な入浴、足湯・脚湯

2018.11.05 | Category: 入浴

 

入浴

・寝際に入るのはいけない。冷えるだけでなく冷え過ぎになる、起きていれば調節はつく。寝際に入っていいのは凄く疲労した体を休める時だけ。

疲労している物質をとろうという意味で、ぬるい湯に長く入るのはいい。その代わり血管が膨張し頭の血管を良く切る人がいる。

・風邪の時に必要なのは引き締め、さっと引き締めて汗がドンドン出るように入る。42~45℃が  標準的な大人の引き締める温度。45℃の好きな人は鈍い体、若い・敏感な人などは40℃でも熱く感じる。

・風呂の適温は体が疲れを増すにしたがって高くなる。前の日に酒を飲み過ぎたとき、熱い湯はアク抜きにいい。(中毒なども)

・39℃で脂は溶ける。赤ちゃんの産湯は37℃から始め次第に39℃にあげていく。

・大人で37・38℃でないと入れない人は呼吸器か泌尿器に問題がある。

・体中に疲労物質があるほど、赤くなるまではいらないと適温に感じない。体に何らかの故障があると頭では熱いと思っていても、体のある部分だけは適温と認めない。赤くならない場所がある。

・風邪を引くと片方の足が赤くならない。消化器が悪いと膝から下が赤くならない。食べ物に中毒していると背中の真ん中だけ赤くならない。
胃袋の悪い人は胸椎6番から11番の左が赤くならない部分がある。肝臓の悪い人は胸椎7・8・9番の右側が 赤くならない。赤くならないところは悪い部分を示唆する。
肩甲骨の一番下を結んだ線と背骨の交点が胸椎7番、気をつけの姿勢で両肘を結んだ線と背骨の交点が胸椎11番付近。

・入浴して出てくるとある部分だけが、特に赤くなるというのは、何前の現象(急性疾患など)特に赤い所は過敏か痛みがある。

足湯と脚湯

足湯はくるぶし(踝)がしっかり湯につかっている状態

脚湯は膝小僧(膝蓋骨)の下まで湯につかっている状態

足湯・脚湯ともにはじめに5分か6分につか湯につけ、赤くならない方をさらに2分

・赤くなっていない部分をさらに2分温める。踝から下が赤くならないのは喉の異常。

・足湯・脚湯は本来は風呂に入った後に、後始末として本来は行う。

風邪を治すには適温より0.5~1℃熱い湯に入る。熱く感じ長く入れないので時間は半分でよい。 赤くならない足をプラス2分。風呂でよくうがいをし、出たら水を飲む。

・いつも石鹸をつけて丁寧に洗うと皮膚の排泄をする働きを鈍らせる、汚れやすくなる。 皮膚呼吸の作用も鈍る、風邪を引きやすくなる。赤ちゃんにもあまり使わない方がいい。

熱が出たら後頭部を40分間温める、そうすると発汗して風邪が抜けると一緒に熱が 下がりだす。平温以下の時は動かないことが大切。

冷えた際の足湯・脚湯
体が冷えると、足の3番目の指と4番目の指の間が足の甲の部分まで狭くなるので、 指の間を甲の部分まで押し開くように押す(押すと痛みがある)。その後に脚湯をする。 冷えに起因した腹痛にも良い。

になり冷えてくると汗をあまりかかなくなり尿酸として汗で出していたものが泌尿器にまわる。泌尿器が働き切れず捨てそこなった酸が胃酸になり食欲が進む。この時、特に腰が急に縮むし、皮膚も縮んでくると鼻に影響が出やすい。  鼻がつかえる・鼻水が喉に落ちる・鼻血などの鼻の症状がある人は  朝起きたとき脚湯を2・3日続けると良くなることが多い。

になり汗で出ていた酸が泌尿器にまわり泌尿器が働き切れないと、体がだるい・重く億劫になる、方々が硬く張ってきやすい。また目・鼻・喉の不調が出やすい。足湯を  少し続けると症状が治まりやすい。子供の鼻水なども。

イビキが非常に大きくなるのも汗の引っ込んでしまった現象、朝足湯をすることを少し続けるとイビキがなくなってくる場合が多い。

・春と秋のお彼岸前後は冷えて、汗が大小便になって出る。特に、大便になる人は下痢になる。 脚湯をして汗を出すと良くなることが多い。はじめは大人に多い。10月に入ると子供の下痢が多くなる。

・極端に体が冷えたとき、手足がむくむ・シビれる、体が重だるい、痰が濃くなり切れないで咳が続くときなども、脚湯をしてみると改善する場合が多い。

・秋の冷えはじめで、妊娠をした人で泌尿器が働き切れずに症状が出ている人は、胎児がお腹で行儀悪くなったり、分娩時に出るのを嫌がってみたり、陣痛が充分に起こらな  かったりというケースがある。足のツボを押さえて足湯するとよい。

*秋の冷え初めのころは、寝起きにそのまま足湯や脚湯をする方がいいけれど、
冬は朝起きて少し時間をおいて、体が温かになってから足湯や脚湯をする方がよい。
*朝風呂に入る人は、足湯や脚湯をしなくても大丈夫。

野口晴哉(のぐちはるちか)
・風邪の効用(全生社)
・体運動の構造・第一巻(全生社)
より引用

御徒町整体、かなではり整体指圧(御徒町駅・上野広小路・上野御徒町駅より徒歩4分)


アクセス情報

所在地

〒110-0005
東京都台東区上野3-18-13 パークリーガル上野201

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。