- Blog記事一覧 -汗と体と心の関係

汗と体と心の関係

2018.12.08 | Category: 汗と体の関係

汗の内向
春秋の彼岸過ぎ、昼間は暑いのだけれど、夕方近くになると出ようする汗が引っ込むし乾いた汗を拭きとらないと次に出ようとしている汗が出にくくなってしまう。また夏の時期も汗をかいた後、クーラーの部屋に入る時や扇風機に当たるときは当たり過ぎに注意をしなければいけないし、また出た汗を拭いてから当たる方が冷えすぎない。

・外へ出る汗が、皮膚が縮まりフタをされると内向きに体内に残ると、まず呼吸器に影響、それが腎臓で処理する容量を超えると泌尿器に影響。

・寒いから風邪を引くのではなく、書いた汗で体を冷やして風邪になりやすい風邪は汗の内向という面が大きく、熱が出て汗をかいてしまえば自動的に治る

冬の向かい風は心臓に影響しやすい、温かになってからの風邪は背中に受けると汗が内向しやすい

夏赤ちゃんを風通しの良い所に寝かせると汗が内向し肺炎にかかりやすくなる

・汗の内向は、息苦しい・だるい・手足が重い・皮膚がこわばる・筋肉が痛む・浮腫む・妙に眠くなるなどの兆候が出ることが多い、必ず呼吸器に影響がある

・汗の内向が泌尿器から出せないと浮腫み・筋肉痛・膝の冷え・胃痛・風邪・涙が多い・視力減退・結膜炎、鼻水が喉に落ちる、咽喉の腫れ・耳の不調など出やすい・鼻水が喉に落ちる・喉が痛む・だるいは汗の内向か汗が出すぎの塩分不足

・湿気が多くなると体がだるく鈍く感じるのは、汗の内向でなく泌尿器の変動

・汗が出たら小便が出なくなるのは、大部分が泌尿器の変動で発汗が鈍い人

・体が捻じれている人は40℃を越えないと汗が出ない、捻じれを調整しておくと熱が出たとき40℃まで行かなくても汗が出やすくなる、敏感な人は37~38℃で汗が出る

冷房による汗の内向は、だるい・重い・頭痛・目の症状・鼻粘膜乾燥・胃酸過多など起こしやすい

汗の内向による皮膚病は高温入浴汗を出すとよい、薬を使うと湿疹のように広がる

・急な汗の内向が大腸で処理されようとするとき下痢になる

発汗機構の停止は寒気になる

・人間に身体のリズムは6~8時間のリズムで変わる、子供は6時間、大人は8時間が多い

・春の暑い寒いによる汗の内向で最も影響を受けやすいのは血管、特に体が捻じれている人

・暑い日があり又寒い日が続く三寒四温の春先は心悸亢進を起こす人が多い、これは背中の汗が引っ込んでしまうために起こることが多い

・秋の彼岸の頃汗ばむ陽気のあと冷たい秋の風邪を背中に受けると下痢になりやすい

汗の出方
・内向した汗が出始めると、最初はベタベタしている、サラサラに汗が変わった時に拭く

・汗と熱の関係は、高い熱が出ず乾いたまま汗が出ず下がれば、また熱が出る

汗が出る機構は人間が一番精妙に整っていてその汗で毒素を排泄する

心理的な毒素は小便からは出せないけれど、汗からは出ていく。急性病も汗が出ることでよくなる

汗がどんどん出るようにすると月経の異常、知覚の鈍りの異常がなくなる

・胸椎10・11番がくっついている人は生殖器を用いるとき人より多く汗を出す(胸椎10・11番は気をつけをした時に、両肘を結んだラインと背骨の交点

体中で一番汗が出るのは鳩尾(みぞおち)、膏肓(肩甲骨内側)、ここの2か所が乾いてくると死期が近づいていることが多い

手がサラッとしていてベタつかなければ相手の体力が弱っていることが多い

・ネバネバした汗が出ているうちは体の中が掃除しきれていない、けれども悪いものを抱えている方が意外と体が長持ちする場合が多い、体の中に野生がなくなると汗がサラッとしてネバネバしない

心理的な汗
発汗が過敏な状態は神経系統と非常に密接な関連がある、ベタベタした汗だけど内向の汗ではない

心理的緊張により汗腺から出るのは冷や汗か脂汗、腋・額・背中・胸

心理的緊張による汗は頸椎6番、腰椎1番が鈍っている、腋汗の多い人は頸椎6番・腰椎1番・足の拇趾の淵・膝を押さえる

・心理的緊張の汗は引きにくいけれどビックリや不安で汗が引く

・心理的な汗を引っ込めたときは、生理的内向の汗を引っ込めるより異常の度合いが大きくなる。心理的な汗の引っ込みは、なかなか熱が出なく、出てからも症状が激しい

・息を詰めていると鳩尾(みぞおち)の力が抜けない、ホッとさせるとドカッと汗が出る。終始、不安を背負っている人はろくに汗も出ない

・汗の出ない人は呼吸器・泌尿器・循環器に余分な負担がかかり喘息になる場合もある

・胸椎3・4・5・10番を愉気しても手応えがないとき、胸椎7番を確かめる。それから頸椎6番・腰椎1番を確かめ鈍っていたら汗の内向と見ていい

汗と風邪
・内向した汗を誘導するには発熱することが最も端的

・風邪で咽喉が腫れると2回熱が出る、2度目は抵抗力があるから軽い場合が多い。けれども重心側でない方から風邪を引いた人は2度目が重くなる

・熱の時、発汗中枢を直接刺激するよりも、悪寒中枢を刺激してから発汗中枢を刺激する。そのあとに後頭部を温める

・熱でも出血でも恐がっていると余計に出てしまう、熱は恐くないというと余計に恐がる

・飲み物は夏に向かうと、冷たい水より、熱いものの方が本当は水分補給に役立つ。汗が多く出る場合には多少の塩が必要

・ねじれている人は塩を甘く感じる、甘いうちはなめ、辛くなったら止める、梅干しが一番

・鈍い骨は飛び出す胸椎5・10番でなければ汗と直接関連はない

 

御徒町整体 かなではり整体指圧(御徒町駅・上野広小路・上野御徒町駅より徒歩4分)


アクセス情報

所在地

〒110-0005
東京都台東区上野3-18-13 パークリーガル上野201

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。